【ライブ】MARIA RECITAL Ave Maria 2019 @東京・荻窪

「きぼうがあればいのちは輝く」というテーマは、ちょうど震災の年に「うたをうたうということはどういうことか?」という想いを巡らせていたときに、意識し始めたテーマです。それから、福祉関連の施設や、個人的な悩みを癒やすためのグループなどとのご縁をいただいてMARIAのうたを聴いていただく機会が増えてきました。

うたわせていただくことを重ねていくうちに、音楽(うた)は人生の「希望」になるためにあるのではないかと考えるようになりました。

 

だれでも長く生きていると知らないうちに心に傷をもっていたり、どうしても超えられない思いを抱えていたりします。そういう方々がMARIAの音楽(うた)に接したときに、その辛い思い出が「きぼう」へと変わる瞬間を体験しました。

MARIAのライブで最後にうたわれるのが「AveMaria]です。いつからともなくうたうようになり、いつからとなく必ず最後にうたうようになりました。思えばこの「AveMaria」はどんな状況でも、だれにでもある「きぼう」に気づくきっかけになるうたなのだなと思うようになりました。MARIAの「AveMaria」。今年も、また、新しい「きぼう」をお届けできたら幸せです。

MARIA RECITAL
Ave Maria 2018

2019年10月20日(日)午後6:30開場 午後7:00開演
杉並公会堂小ホール(東京・荻窪)

【出演】
MARIA(うた)
野平龍一(作編曲/ピアノ)

入場料:3000円 (当日4000円)

チケットの予約購入はこちらからできます。