lacorde 〜ラコルド〜 十五夜に発売(2010.9.22)

きょうは十五夜です。
十五夜の日も特別な意味があるようです。
ぼくの周りでも、きょうは特別な日です。
川村健一さん、比嘉雅人さん。
沖縄に来て出逢った友人。

ここ数年、ふたりで音楽活動をしています。
川村健一さんの唄三線と比嘉雅人さんのピアノ・アレンジでユニットをくんで
演奏活動をしています。もう、2年?3年かな、、、

ユニットの名前は、lacorde。「弦」という意味です。

ここ1年ほど、lacordeはCD制作をしておりました。
そして、めでたく完成して、本日、十五夜の日に発売となりました。

タイトルは「月ぬ美しゃ(つきぬかいしゃ)」。

これは八重山地方の民謡なのですが、ふたりがはじめてセッションした曲だったかなぁ、、、sabaさんのノートをご覧ください。

 ●月ぬ美しゃ
 
 青く白く、しっとりと輝く月の貌。月の光に心惑わされない人が
 果たしているだろうか。
 古より月光の波長は毎晩(時には昼間も)地上に降りそそぎ、
 人の心の糸を震わせ、私たちはただ佇み歌を詠む。
 Lacordeが初めて編曲・演奏したのがこの歌だ。その昔、波静かに
 打ち寄せる八重山の浜辺に立ちつくし月を見上げた人と、今を生きる
 私たちの心が、時空を超えて繋がった。ピアノは海の波、そして三線は
 月光の波。今夜もどこかで誰かが月の美しさを歌っている、
 しかし月は月のまま、海は海のまま、何も変わることはない。
  ただ私たちの心だけが移ろうのである。

ちょっとだけ試聴できます↓
https://utanoshima.com/lacorde/tune08_lacorde_02.aif

いいでしょ?
続きを聴きたい方は、沖縄のCDショップでお求めください。
また、県外の方は、通販か、わしたショップの店頭でお求めください。
わしたショップの店頭に無い場合は、取り寄せもできると思います。

通販
http://store.shopping.yahoo.co.jp/campus-r-store/tune-8.html

発売元のブログ
http://sun.ap.teacup.com/campusstaff/193.html

沖縄の情報サイトでも新譜情報として紹介されています。
http://ryuqspecial.ti-da.net/e2826157.html

あと、ふたりが書いてくれたノートから(全文は店頭のチラシを見てください。通販で買った場合は入れてくれるそうです)

砂山

新潟で生まれ育った。自宅から歩いて5分で日本海に到着する、そんな場所が故郷である。小学校、中学校からは日本海が見え、松林があった。幼い頃から日本海や松林は遊び場であり、物思いにふける場でもあった。
私が見て育った正にその場所で日本海を見た北原白秋がこの詩を書いたという。つまり、幼い頃から見て育った風景がこの曲では描かれている。これほど歌っていて情景が目の前に現れ、同時に感情もあふれる曲は他にない。
私を育てたあの場所で三線と共にいつかこの曲を歌いたいと思う。沖縄の海で目を閉じると佐渡島が向こうに見えるようだ。海の色は違えど、この海で故郷と繋がっていることを感じる。

平和の願い

沖縄に移住し、老人ホームで働いた。そこでは、沖縄での戦争を体験した方々が入所され、たくさんの体験談を聞く事ができた。そうした体験談は辛く、悲惨な話しも少なくなかった。しかし、それを語る方々は何とも笑顔が美しく、優しく、強い。
職場である老人ホームで三線をよく披露した。「ヘタクソ」という評価をもらった事はなかったが、「上手いね」以上の評価ももらった事はなかった。沖縄の民謡は独特の歌い回しがあるが、以前の私にはそれができず、なかなかその「壁」を越える事はできなかった。しかし、この曲を演奏した時、初めて「やーや、うちなーんちゅなとーんやー(お前は沖縄の人になってるねー)」という評価をもらった。その時、ひとつ「壁」を越えられたと思った。今でも大切にしている、うれしい出来事だ。

ましゅんく

沖縄に初めて来たのは20歳の夏だった。伊江島にも渡った。その時、宿泊した伊江島の民宿には三線があり、初めてそこで三線を弾いた。いつか三線を弾いてみたいと思っていた夢が叶った瞬間だった。
初めて三線と出会った場所、伊江島の民謡であるこの曲をよく演奏する。この曲はそういう三線との出会い、という思いがありよく演奏している。
そんな思いとは別にこの曲の歌詞も好きである。「ましゅんくさんとナビーさんと見比べたらナビーさんの方が綺麗だ」、「瓜が実ったら穫って愛しい人にあげよう」など、他愛も無い歌詞だが、誰もが経験する感情だと思う。
しかし、ナビーさんの方が綺麗だったのになぜこの曲のタイトルは「ましゅんく」なのだろう?

★ぼくは、一見あわないような三線とピアノで演奏するのをけしかけたひとりです。今回のCDではアートディレクションを担当させていただきました。沖縄に来て、ふたりに出逢って、一緒に音楽をしたりして、、、沖縄在住7年になりますが、ぼくにとっても忘れられない十五夜になりました。そして、この日は生まれて半世紀と3日目です。

うた〜カナリヤ(東京・荻窪)

いまね、なんか、みんなかなりや 
大人も、子どもも。
比べられて 叱られて 恐怖でちぢこまる。動けない。
なにをしたいのか わからない。
なにを感じているのかも 
感じられない。
哀しんでいる自分にも 気付かない。
気付かない哀しみに何かが触れた時、涙が知らずにこぼれていたりする。

(なほこ)

2010年10月16日(土)午後6:30開場 午後7:00開演
杉並公会堂小ホール(東京・荻窪)

【出演】
なほこ(うた)
野平龍一(編曲/ピアノ)

【主な演奏曲目】

かなりや
早春賦
紅葉
シャボン玉
夢のあと
Lydia
Bach チェロ無伴奏組曲第1番のボカリーゼ

ほか

入場料:3000円 (当日500円増)
こども:1000円 (小学生〜高校生)

※チケットのご予約(前売料金)はこちらから申し込めます。

【予告】
2010年11月17日(日) うた〜カナリヤ @那覇アルテ

2010年12月3日(金)Merry Christmas! Concert @大倉山記念館(横浜)

うた〜AveMaria 神様がくれたうた(横浜)

 

2010年6月13日(日)
午後6:30開場 午後7:00開演 

大倉山記念館(横浜)

【出演】
なほこ(うた)
野平龍一(編曲/ピアノ)

【主な演奏曲目】

赤いくつ
アベマリア
うさぎ
かわいい魚屋さん
シャボン玉

ほか

入場料:3000円 (当日500円増)
こども(前売り(予約)のみ):1000円 (小学生〜高校生)

※チケットのご予約(前売料金)はこちらから申し込めます。

昨年の10月からのシリーズ。

昨年に続いて、大倉山記念館2回目です。
小さな会場ですが、とても雰囲気のあるホールです。

昨年のライブは、お天気がよくなくて、、、雷まで鳴って、、、
でも、とても思い出に残った音楽会でした。

東横線の大倉山駅から歩いて行けます。

昨年の10月の杉並公会堂での音楽会でいただいた感想です。

アベマリア、スゴく好きで何回も聴いています。この曲は、あるCDをいつもきいていたから、声が切れたのもすぐにわかりました。あんなにたくさんうたった後にアベマリアうたえるんだって驚いていたから、もしやもう声が出ないんじゃと、、、きっとそうだと思いました。そうしたら、全然心配ない声が出たからまたまた驚きました。
あれから、いつものCDは、聴けなくなりました。何も入ってこなくて、ただの音符を歌ってるようにしか感じないんです。
奈穂子さんのアベマリア、ドラマチックというかなんでしょうね、とっても好きなんです。「那覇はまた違ってました、うたう時でかわるみたい」と聞いてから、あ〜那覇にも聴きに行きたくて、、、(笑)   (Kさん アーティスト)

私が音楽会にお邪魔するようになってちょうど一年。
どんどん進化していくなほこワ-ルド。
私にはたまらない魅力です。
言葉を大切に歌うなほこさんは 歌うことが本当にお好きなんだな。と聴衆の
心を捉えなほこさんの世界に入り込んでしまいます。
 
イメ-ジチェンジされたヘア-スタイル、ドレスすごくお似合いで
すっきりした大人の女性であり、知的な女性でした。
本来のなほこさんのあるべき姿なのでしょうね。
勿論今までのなほこさんのステ-ジも素敵でした。
歌と真剣に向かいあい、詩の良さを表現して下さる。
童謡好きの私には、感謝するばかりです。
魚屋さんもいつも、いつも私の為に歌って下さりありがとうございます。

野平さんと一体になった音楽は、ちょっとない。独自のスタイル。
花満開です。
野平さんのピアノも 相変わらず素晴らしい。自然でいいですね。 

好きな事書き並べてしまいましたが 気持ちはお伝えしておこうとメ-ルしました。
ありがとう ございました。        (Mさん 詩人)

うた〜AveMaria 神様がくれたうた(那覇)

準備期間が短くて、告知が届かないんじゃないかなぁ、、、
ネットの達人は、どう動くのだろうか?と、あれやこれやとやっています。
周りの方に、お知らせいただけるとうれしいです!よろしくお願いします。

2010年3月14日(日)

昼の部 午後2:30開場 午後3:00開演 
夜の部 午後6:30開場 午後7:00開演 

アルテ赤田ギャラリーホール(那覇・首里先山町)

※夜の部ゲスト
 比嘉雅人(バリトン)
 lacorde(ラコルド)

【出演】
なほこ(うた)
野平龍一(編曲/ピアノ)

☆ゲスト(夜の部のみ)
比嘉雅人(バリトン)
ラコルド

【主な演奏曲目】

赤とんぼ
母が教えてくれた歌 Als die alte Mutter mich noch lehrte singen
赤いくつ
アベマリア
うさぎ
かわいい魚屋さん
アメージンググレース
四葉のクローバー
シャボン玉

ほか

入場料:2000円 (当日500円増)
こども(昼の部のみ):1000円 (小学生〜高校生)

※チケットのご予約(前売料金)はこちらから申し込めます。
※こども料金は、昼の部のみです。夜の部は、設定がありません。

昨年の10月からのシリーズ。
那覇は、2回目です。プログラムは、少し入れ替わっています。

沖縄に来るたびに、変化が起こります。
なんなんだろう?

昨年の10月の杉並公会堂での音楽会でいただいた感想です。

アベマリア、スゴく好きで何回も聴いています。この曲は、あるCDをいつもきいていたから、声が切れたのもすぐにわかりました。あんなにたくさんうたった後にアベマリアうたえるんだって驚いていたから、もしやもう声が出ないんじゃと、、、きっとそうだと思いました。そうしたら、全然心配ない声が出たからまたまた驚きました。
あれから、いつものCDは、聴けなくなりました。何も入ってこなくて、ただの音符を歌ってるようにしか感じないんです。
奈穂子さんのアベマリア、ドラマチックというかなんでしょうね、とっても好きなんです。「那覇はまた違ってました、うたう時でかわるみたい」と聞いてから、あ〜那覇にも聴きに行きたくて、、、(笑)   (Kさん アーティスト)

私が音楽会にお邪魔するようになってちょうど一年。
どんどん進化していくなほこワ-ルド。
私にはたまらない魅力です。
言葉を大切に歌うなほこさんは 歌うことが本当にお好きなんだな。と聴衆の
心を捉えなほこさんの世界に入り込んでしまいます。
 
イメ-ジチェンジされたヘア-スタイル、ドレスすごくお似合いで
すっきりした大人の女性であり、知的な女性でした。
本来のなほこさんのあるべき姿なのでしょうね。
勿論今までのなほこさんのステ-ジも素敵でした。
歌と真剣に向かいあい、詩の良さを表現して下さる。
童謡好きの私には、感謝するばかりです。
魚屋さんもいつも、いつも私の為に歌って下さりありがとうございます。

野平さんと一体になった音楽は、ちょっとない。独自のスタイル。
花満開です。
野平さんのピアノも 相変わらず素晴らしい。自然でいいですね。 

好きな事書き並べてしまいましたが 気持ちはお伝えしておこうとメ-ルしました。
ありがとう ございました。        (Mさん 詩人)

うた〜AveMaria by Caccini(東京・荻窪)

091003web_002

2009年10月3日(土)午後6:30開場 午後7:00開演
杉並公会堂小ホール(東京・荻窪)

【出演】
なほこ(うた)
野平龍一(編曲/ピアノ)

【主な演奏曲目】

赤とんぼ
母が教えてくれた歌 Als die alte Mutter mich noch lehrte singen
赤いくつ
アベマリア
うさぎ
かわいい魚屋さん
アメージンググレース
四葉のクローバー
シャボン玉

ほか

入場料:3000円 (当日500円増)
こども:1000円 (小学生〜高校生)

※チケットのご予約(前売料金)はこちらから申し込めます。

詳しくはパンフレットをご覧ください。

■音楽会へお出かけくださるみなさまへ

うたわなくなって、何年?うたおうと思った。
うたいたいと思った。
わたしのうたをきいてほしい。
生まれて初めて感じる気持ちだった。
13歳の時に舞台に立ってから、一度も抱いたことのない気持ちだった。
私は、人前でうたうことが、嫌いだった。

またうたいはじめて、もうすぐ2年になる。
いろいろな言葉をいただいた。たくさんの発見があった。

「うたっていていいんだよ」
「うたっていなくちゃいけないよ」
そう、言ってもらえた気がした。

私にとって、大切なうたがある。
今までうたった中で、自分自身を見つける助けをもらったうた。

今回の音楽会は、そういううたを集めてみました。
わたし一人でうたう音楽会が始まった、このアコスタジオでうたいます。

私のうたをきいてくださった方々、
私と共にいてくださった方々に、ご案内申し上げます。

2009年1月吉日  なほこ

うた〜AveMaria by Caccini(那覇)

091003web_002

2009年10月10日(土)午後6:30開場 午後7:00開演
アルテ赤田ギャラリーホール(那覇・首里先山町)

【出演】
なほこ(うた)
野平龍一(編曲/ピアノ)

【主な演奏曲目】

赤とんぼ
母が教えてくれた歌 Als die alte Mutter mich noch lehrte singen
赤いくつ
アベマリア
うさぎ
かわいい魚屋さん
アメージンググレース
四葉のクローバー
シャボン玉

ほか

入場料:2000円 (当日500円増)
こども:1000円 (小学生〜高校生)

※チケットのご予約(前売料金)はこちらから申し込めます。

詳しくはパンフレットをご覧ください。

■音楽会へお出かけくださるみなさまへ

うたわなくなって、何年?うたおうと思った。
うたいたいと思った。
わたしのうたをきいてほしい。
生まれて初めて感じる気持ちだった。
13歳の時に舞台に立ってから、一度も抱いたことのない気持ちだった。
私は、人前でうたうことが、嫌いだった。

またうたいはじめて、もうすぐ2年になる。
いろいろな言葉をいただいた。たくさんの発見があった。

「うたっていていいんだよ」
「うたっていなくちゃいけないよ」
そう、言ってもらえた気がした。

私にとって、大切なうたがある。
今までうたった中で、自分自身を見つける助けをもらったうた。

今回の音楽会は、そういううたを集めてみました。
わたし一人でうたう音楽会が始まった、このアコスタジオでうたいます。

私のうたをきいてくださった方々、
私と共にいてくださった方々に、ご案内申し上げます。

2009年1月吉日  なほこ