宗教音楽によるコンサート エテルナム 〜人の一生は祈りである〜 ロマン・ギャリーのことばより(沖縄)

2008年4月13日(日) パレット市民劇場(沖縄県那覇市)
■出演:新城智美(soprano)・松田あけみ(mezzo soprano)・山内昌也(tenor)・前川佳央(baritone)・比嘉明美(organ)・山里郁子(violin)・大城伸悟(piano)・城間さとえ(piano)・ユース・コワイヤー・エテルナム・コワイヤー(SDA那覇教会聖歌隊・女声合唱団アーテム・男声合唱団SwingKings)・比嘉雅人(narration)

新城智美さんが主催した宗教音楽の音楽会です。新城智美さんは敬虔なクリスチャン。音楽会の企画を伺っていて、いろいろなイメージが浮かびました。提案をしたら「松澤さんは、クリスチャンですか?」と言われて苦笑したことを思い出します。ちらしのデザインにも、写真などを使わずに、私(松澤仁璽)の作品をベースに、つくりました。

企画から、ちらし、チケット、プログラム、ポスター、合唱団の楽譜カバー、さらに、当日のマネジメントまでさせていただきました。きれいな音楽ばかりの音楽会でした。

●ちらし(B5 slim カラー)
080413aeternum-fly-2

●チケット
080413aeternum-ticket

080413pro_02

●プログラム
080413pro_01

●楽譜集用表紙
080413score